• ホーム
  • ネキシウムと背中とむくみについて

ネキシウムと背中とむくみについて

胃酸の分泌を抑えるのが、ネキシウムの医薬品です。
ネキシウムは逆流性食道炎とか、胃潰瘍などにも治療で使われます。
もしもネキシウムを長期的に続けることになったら、肝機能や腎機能、それに血液などの検査も、定期的にする必要性が出てきます。
ネキシウムの利用に関して、副作用は比較的少ない方の医薬品になります。
体にむくみが出るとしたら、足元や顔がよくあるパターンでしょう。
でも背中のむくみも、意外とあることです、そんな背中のむくみは、最初に気が付くのはほかのパーツです。
肩こりがひどいとか、二の腕がやけにむくみやすいなどと感じたら、それは本当は背中のむくみよりきている可能性があります。
いつもは意識などしない背中のパーツにむくみが出るのは、長時間の睡眠なども原因となります。
長い時間体を横たわらせるために、体にある水分が背中へと集中して溜まりやすく、むくんだ症状が出やすくなります。
気が付いたら猫背になっている人も、超注意です。
水分や血液の流れがすんなりできなくて、猫背のせいで内側に不要なものが蓄積してむくんでしまいます。
女性の事務員さんの仕事は、ほぼ1日中座りっぱなしの仕事です。
こうしたオフィスワークは、体力的には楽ではありますが、下半身にはしっかりと不要なものが溜まって、夕方にはむくんだ状態となりやすいです。
こうした症状は放置は解消にはならないため、体を動かすのが良い方法となります。
座りっぱなしであれば、1日のうちに数回は少し体を動かすことです。
そうして体内の流れは順調となるので、動くことを意識しましょう。
睡眠時にもできるのは、ゆったりリラックスできる格好をすることです。
女性の睡眠時の衣類は、ワンピースを着用しても良いでしょう。

関連記事
ネキシウムやニンジンで回復、子どもでも逆流性食道炎 2019年10月19日

げっぷをすると酸っぱいものがこみ上げてくることが多い人は、逆流性食道炎を起こしてしまっている危険があります。普段は食べ物を消化する際に使われている胃酸の分泌量が...

腹部膨満感の胃・食道炎はネキシウムやストロカイン錠 2019年08月25日

胃痛がしたり腹部膨満感があるなど、胃の不調には様々な疾患が潜んでいます。逆流性食道炎は食道に胃酸が逆流することで、食道の粘膜を傷つけてしまうために起こります。近...

コウボクで胃腸不良改善とガイドラインでネキシウム 2019年08月07日

コウボクは漢方薬として古くから知られているものであり、ホオノキから得られる生薬です。コウボクは生薬としての特性として緊張や痛みを緩和させる作用を持つとされ、健胃...

ネキシウムなどPPIの服用で軟便になる 2019年07月10日

胃酸過多の症状を持つ方は近年増加中です。胃酸過多になると、悪心、胃のムカムカ、胃食道逆流症、胃炎といった症状が起こります。この胃酸過多が起こる原因としては、喫煙...

ネキシウムを服用するだけでは無く生活も見直す 2019年06月25日

ネキシウムは2011年に日本国内で発売開始された胃薬の一種です。胃にある胃酸分泌のためのシステム(プロトンポンプ)を阻害し、胃酸を減らすことで、胃炎・胃潰瘍・十...